自転車通勤とマインドフルネス

別にラジオ業界が嫌いなわけでもなんでもなく(笑)、自転車通勤時にラジオを聴かなくなりました。

 

以前は、職場に向かうときは朝の情報番組を、帰りはプロ野球のナイター中継を、聴いていました。

 

ただ、ある時期から(たぶん仕事に慣れて、仕事が忙しくなってきてから)、ラジオを聴きたくなくなったんです。

 

たぶん、脳が新しい仕事を覚えることで、キャパシティオーバー気味だったんでしょうね。

 

それからというもの、自転車通勤のときは、音楽やラジオは携帯せず、自然の音や自分の呼吸音に焦点を当てて過ごしています。

 

 

なんだかこの方法が、「瞑想」や「マインドフルネス」に通じるものがあるようで、自分でも納得。確かに無になって、意識を空にして、気持ちを楽にしている気がしています。

 

これからも自転車通勤、楽しみまーす!

断る勇気

あ、タイトルは私の願望であって、実行できているものではありません(笑)

 

先輩たちからの引き継ぎが、だんだん増えてきています。
それでなくても、私独自の仕事の担当もあって、「一人分」のボリュームを超え始めた感じです。

 

そこで重要なのが「無理っす」「できませんね」と断ること。
私も頑張って今月、二つの仕事を先輩に戻しました。
(来月また戻ってきますが)

それがあって、今月はなんとか回っているというところです。


やっぱり断ることはすごく大事で、自分を守るためでもあり、その仕事が完遂されるためでもある、というところが大事だと思っています。

 

「経験させたい」「あなたのためになる」という言葉は綺麗ですが、本当に自分のためかと問えば、そうでもなくただ先輩が手放したかっただけ、なんてことも往々にしてありますよね。

 

前チームはそういうの、多かったなー。
現チームはさすがに(まだ?)そんなことはありません。
ちゃんと私のいっぱいいっぱい度を見て判断してる感じ。

 

良い職場に移籍したなぁ。
後輩にもそういう配慮を、私もしてあげようと思う職場です。

忙しい日々が続いています

残業が多いわけではないのですが、10時間くらいの勤務時間中、ずっとバタバタしている感じ。

夜八時頃には、もう電池が切れてしまってます。

 

家に帰ってからも、かなり抜け殻状態。

家族からは「またお父さん、ボーッとしてる」とからかわれる状況ですね。

 

でも思えば、これも幸せといえば幸せ。

望まぬ仕事を強いられていた時期を思い返すと、充実感があるといえばその通り!

 

ただ…。忙し過ぎです(笑)

もう少し余裕がないと、日々のルーティンで毎日が過ぎ去ってしまう。

年単位のルーティンが全くできていないので、これからは意識して余裕を作らなくちゃ、と思ってます。

お試し期間終了

新チームに移籍してから、今日で半年になりました。

いわゆるひとつのお試し期間が終了して、正式にチームメンバーの一員になります。

 

振り返ると、長かったなぁと言うのが本音でしょうか。


お試しはお試しなので、「やっぱりいらなーい」と言われる可能性もある訳で、気の休まらない部分でもありました。

 

これでやっと、腰を落ち着けて目の前の仕事に取り組めるというものです。

 

 

ところで今は、目の前の仕事を回転させることで手いっぱい。

 

さらに担当業務も増えるらしいですし、いろんな問題も目についてきて、なにやらひと波乱ありそう。

 

 

でもまずはともあれ自分にお疲れさま。
引き続き、無理しない程度にがんばろう。

自転車通勤が続いています。

雨の日も…とまでは無理せず、雨の日はバスですが、それでも晴れや曇りの日は自転車です。

 

行きは下りです。
日陰の坂道は寒いくらいなので、上着を着て出発。
途中、少し登りのところで上着を脱ぎ捨て(いや、うそ、捨てません。勿体無いしw)、職場まで一気に到着します。

 

しんどいのは帰り。
ハードな登り坂が続きます。
でも自転車を押すのは一ヶ所だけ。
あとはしっかりペダルを漕ぎます。

イメージとしては…流川くん!

脳内ではこんな感じだと思っていますが…。

f:id:satohaneru:20170922202524j:image

 
実際はこうみたいです。

 

f:id:satohaneru:20170922202542j:image

( ´∀`)

 

楽しんでまーす!

お昼休みは大事だよ〜

現チームに移籍して、驚いたことのひとつに「お昼をすごく重視する」ことがあります。

 

まずは「休み時間」として。
とにかく、お昼休みに仕事をしません。笑っちゃうほどしません!(笑)
ネットや昼寝、ハミガキやコーヒーを淹れるなど、過ごし方は様々ですが、とにかく仕事から離れます。

 

なにかの調査で、「お昼休みは席を離れた方が、午後の仕事に集中しやすい」と言う結果を見たことがありますが、それを知ってか知らずか…たぶん知らないと思います。

 

おかげで私にも仕事が振られることはないので、ゆったり休めますし、用事も悩まず入れられます。


もうひとつ、「お店選びに妥協しない」点でもびっくりしました。
あるときはみんなで車に乗り合って、にんにくやニラがたっぷりの中華料理店へ。
その店はとにかく美味しいのですが、距離があるので普段は行けません。

 

ですが一旦「行こう!」と決まると、仕事以上のチームワークで車の手配やら、先発隊による席取りやら、次々と実現に向かって手が打たれます。

 

結果として、大満足で満腹なお昼ご飯になる、という訳です。


ということで、「お昼をすごく重視する」スタンスは私も気に入りました。
しっかり受け継いでいきたいと思います。

やっぱりメリハリ大事ですよね!

お昼はしっかり休んでしっかり食べましょー!
( ・∀・)

ロールモデル

チーム移籍して、5ヶ月が経ちました。
相変わらずチームは忙しくて、みんな遅くまで残って頑張ってますが、底抜けに明るい雰囲気が楽しい毎日です。

 

さて、そんな我がチームに、「私を追いかけて加入したい」という後輩が現れました。


どうも彼の中では、私はロールモデルの一人になっていて(いや、買い被りすぎだろう)、見習うことが多いと話してくれました。

 

翻って、私にロールモデルは居たろうか?
敢えて挙げれば、及川卓也さん(元Google、現Increments)になると思います。

 

チーム移籍のように環境を変えることへの前向きさ(死守せよ、だが軽やかに捨てされ的な)、それからリーダーシップの取り方。
この二つは明らかに影響されてる感じがします。

 

もう一つ。それが「世の中への関わり方」かなと。
「同じリスクなら世界を変えるリスクをとる」
身の回りの身近な範囲だけじゃなくて、ちゃんと世界を意識した仕事をすること。


世界的な仕事なんてほとんど無いので、例えそんな仕事をすることがなくても、気概だけは持ち続ける。
そんな「人生を豊かにする」考え方を、教えて続けてくれている人です。

 

 

さあ、ロールモデルに指名された私よ。
後輩に、というよりは自分に恥じない行動を、ずっと取り続けていきたいものです。

 

後輩よ。
私をロールモデルにするのは勝手だけど、ちゃんと本質を見てね。
私の見かけや行動のマネだけじゃダメだよ。
胸にある、暑苦しく燃えるものに、ちゃんと気付いてね。

 

んじゃ!