読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心理学って難しそう

晴れると眩しいくらい晴れるし、降り始めると止めどなく雪が降る、そんなここ数日です。

アドラー心理学、というのが世の中を席巻していますね。
心理学って、(たぶんしっかり勉強したことがないからだと思いますが)気持ちを劇的に変化させるもの、みたいなイメージがあります。
暗い ⇒ 明るい
ネガティブ ⇒ ポジティブ
内向的 ⇒ 社交的

・・と、ちょっとググって出てきた「心理学によって変わるもの」を挙げてみました。

はて?
暗い、ネガティブ、内向的は良くないのでしょうか?
みんな変えたいのでしょうか?

私は暗くも明るくもありません。
タスクに取り組むときには、リスクを意識して進めていきます。
どちらかと言うと内向的ですが、子どもは大好きです。他人の子どもさえ可愛くて、いつまででも遊んでいられます。

さて、私は・・・心理学的にどうなんでしょう?(笑)

つまりはこうです。
「なにかの型に分類する」
「特定の傾向に落ち着く」
「こんな人は●●に違いない」
人間、そんなにシンプルじゃないと思うんですよね。

混在している人はもちろんいるし、きちんと全てが適合してある型に当てはまることは、もちろんないですよね。
んじゃ・・・どうすりゃいいの?何が言いたいの?どうすりゃ幸せになれるの?

たぶん、みんながなりたい自分になることが大事かと。
しかも素の自分が思う、「なりたい自分」。

それが分からない方、たくさん経験してみましょうよ。体験してみましょうよ。
私も「チームを移籍して、違うミッションをやってみたい」と思いますが、同時に「慣れたチームから出る!ってこともやってみたい。引継ぎとかもしてみたい。」というのが本音です。

そうやって好き勝手やりながら、なりたい自分に向かうことで、きっと状況はどんどん変わっていく。
いろんな経験をするようになる。
そしたら、また次に経験してみたいものが出てくる。
「なりたい自分」が変わってくる。

その繰り返しのような気がします。
そして「あー、楽しかった」という気持ちを持って、あの世に行く。
それが人生なのかな、って感じです。


偉そうなことを、しかも脈絡なくズラズラと書きました。
読んでくれただけでありがとうございます。
共感してくれる部分が少しでもあったら、狂喜乱舞したいと思います。

ではでは。