猫と人間

虹が出たりと暖かな1日でした。

 

朝、珍しく猫が私の布団に。

寝返りを打つたびに、絶妙の距離感で私にくっ付いていました。

少しでも触れていたいようです。

 

ところが人間の方はというと、なんだか私が僻みっぽくて困りました。

悪い方に言葉を捉えたりと、かなりめんどくさい人間になっていたようです。

 

夕食で一足早いクリスマス祝いをしたおかげで、トータルとんとんまで持ってこれましたが、なんとかいつもの自分のペースに戻さないとと思っています。

 

追伸

クリスマスプレゼントは、かっちょいい手帳カバーでした。

手帳カバー負けしないように、素敵な社会人で居たいと思います。