Let's try it!

『今の自分』は、自分史上最先端なのだと信じよう

自己分析や自分探し

 就活や転職で、「自己分析」をする方も多いと思います。
「自分探し」という呼び方で、自分がどんな人間なのか、旅したり対話したりすることもよくネットで見かけたりします。

 

もちろんそれらを否定する訳では無いのですが、ずっと前から「ちょっと違うかな?」と思っていて、違和感を感じる理由は、「自分ってそんなにシンプルじゃないんじゃないかな」ということからです。

 

一人でいるときは寂しがり屋ですけど、たくさんの人の中にいると息苦しくて一人になりたくなる。

 

ずっと一人は嫌だけど、一人の時間が全く無いと、それはそれで一人になりたがる。

 

人との距離感だけとっても、こんな感じで一筋縄ではいきませんよね。

そんな状態で、この記事を読んで納得。

 

cybozushiki.cybozu.co.jp

 

そうか、自分が感じていたのは、平野さんのいう『分人』という概念だったのかなと納得しました。

 

僕は人間が幸福に過ごす秘訣は、「自分が好きだと思える分人」を生きる時間をできるだけ長くすることだと思っているんです。

 

この考え方も納得です。


対人するときの自分と、一人でいるときの自分が少し違っていても、それが楽なら、それが好きなら、それでいいじゃないというのは的を得ていると思います。

 

就活してる学生さんや転職を考えている方に、ぜひ読んでもらいたいなぁと思いました。