図書館巡ってオススメ三冊

たまたま県庁所在地に住んでるので、市立と県立の両方の図書館があります。

大きいから県立に行くことが多かったんですが、子供の借りたい本が市立に多いのと近いのとで、最近は市立によく出没しています。

最近、借りた本はこちら。

 

 

ツイッター創業物語 金と権力、友情、そして裏切り
 

 スタートアップ企業の黎明期ってけっこうドロドロで、Facebookもそうだけど、一番はTwitterですよね。

一生、会社経営はしないと思いますが、それでも予備知識として知っとくといい処世訓が得られた感じ。

 

 

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)

 

お盆ですし、こちらは定番&鉄板な一冊。

NHKスペシャルも今年は充実していたと聞いてますが(全然観てない)、副読本にこれもあるとベストだと思います。

 

 

小さな会社ではじめてIT担当になった人のセキュリティ入門

小さな会社ではじめてIT担当になった人のセキュリティ入門

 

地味に一番面白かったのは、この本。

表紙に「素人でも大丈夫、ザックリ教えます」的な文言があってウケました。

でも、大まかに理解するには最高の一冊です。

私の場合、新チームではIT担当みたいな位置付けにいるので、少し知識を増やしときました。

 

ということで、次回は有川浩さんとか石田衣良さんのライトな小説を借りてこようっと。