読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じぶんだいじに。おそれるな。

子供から相談を受けました。

 

彼は掃除をしたくなかったんです。

だから奥さんに、「掃除しろ」と言われて、嫌だといいました。

 

奥さんは、私に掃除を頼みます。

二つ返事で引き受けたところ、彼は「悪いから俺がやるよ」と。

でも、やっぱり掃除はしたくない。

どうしたらいいのか?

 

私はこう話しました。

 

 

掃除という一つものをとっても、それぞれ考え方が違う。

君は掃除を嫌なものだと思ってるけど、私は思っていない。

前に嫌だと言っていたかもしれんが、人の心は変わるもの。

今日、私は掃除が嫌じゃない。

掃除が嫌だろうという私は、君が作ったものだ。

 

どうすればいいかって?

まずは君の嫌だという気持ちを大事にしなさい。

そして私と相談すればいい。

「掃除は嫌なんだ。あなたは嫌じゃない?」って。

私が嫌じゃないなら、お願いすればいい。

私も嫌だと言うなら、話し合って二人が納得するやり方を探せばいい。

相手とぶつかることを恐れるな。

 

君が自分の心を抑えて、嫌なのにやってしまうことが一番良くない。

それは蓄積して、いずれ自分に負の形で跳ね返ってくる。

 

君は学校で「我慢しなさい。責任を負いなさい」と教わっているかもしれない。

それも一理ある。頑張らなくちゃいけない、そういうときもあるかもしれないからね。

でも、『選択肢はそれだけじゃない』ことは知っておいてね。

 

さて、今日の私は掃除は嫌いじゃない。

君はどうしたい?

 

 

と、こんな感じでした。

何か、思うところはあったようです。

まだ中学二年だから早かったかな?と思いつつも、いいタイミングの相談だったので話しました。

すごいですよね、私なんか中学二年のときなんて、遊んでばかりいたのに(笑)。

 

糸井重里さんが、「私が奢る」「いや、ここは私が」のやり取りが始まると、「分かりました。あなたは払いたいんですね?」ときくんだそうです。

相手は笑って「そうです。払いたいんです」と言うそうです。

これが理想的ですよね。

 

 

そんな夜でした。

ではでは。