読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の合う仲間

はせさんのこの記事を読んで、ふと思い出したことを書きます。

 

hase0831.hatenablog.jp

 

夜は長い付き合いの男友達2人と飲みに。10年以上前、職場の同僚として出会って以来の付き合いですが、なぜかこの会合が発生するまではほぼ連絡を取らないのに、フワッと誰かが「そろそろ行くか」と言い出して集まり、飲みすぎることもなく、「じゃまた」と言って解散する、という不思議な会です。1〜2年に1〜2回くらいのペースで、もはや親戚みたい

2017年第9週の日記 - インターネットの備忘録

 

私が若かりし頃、憧れていたものの一つに「気の合う仲間」というものがあります。

・ふだんは連絡をあまり取ることはない。
・誰から急に集まろうというと、みんな集まる。
・何気ない話をするだけ。
・次の約束をしないで解散する。

こんなイメージでしょうか。なんかかっこいいですよね。

学生時代は人間関係が複雑だった方なので、「こんな感じの、飾らない自分でいられる、しかも気楽に集まろうとか言える仲間なんてできるんだろうか」と若かりし私は、あまり期待しない将来像を描いていました。

ただ世の中というものはありがたいもので、こんな私にも「気の合う仲間」というものができました。


最初は大学時代のサークルの友人でした。
夜な夜な、誰かのアパートに集まってゲームしたり、そのまま飲み屋やカラオケに出発したり。
クリスマスには彼女がいるものそっちのけで集まって騒いだり。
合コンをしてみたいということで企画してみたり(でもカップルは一組もできず)。
それはそれは楽しい日々でした。

ただ、残念ながら全国各地から集まっていたため、卒業を機に散り散りになってしまい、数年に1回の同窓会しか集まる機会がなくなってしまいました。
集まったら集まったで、すぐにあの頃の雰囲気に戻るので、「気の合う仲間」ではあるんですが。


今の「気の合う仲間」は、前チームのコアメンバーです。
前チームは私の異動とともに消滅してしまい、コアメンバーも散り散りに。
その後、私を除く4人は退職して、自営業になったり、公務員になったりしています。

このメンバーとは、1年に3回くらい、なんとは無しに連絡を取り合い、集合しています。
面白い特徴としては、「料理にこだわる店選びをする」ところでしょうか。
お酒より美味しいものにこだわりをもったメンバーが多いので、自然、飲み物はビールだけ(笑)。
この間の台湾料理のお店は、日本語が通じなくて苦労しました。

もう会社を離れているため、当時の不満や愚痴、今の職場の様子などを話して笑いあって解散、という流れです。
最初に挙げたような、なんかかっこいい感じになってます(笑)。


というような文章を書いていたら、また顔が見たくなりました。
チーム移籍に関することでいろいろ失敗や笑い話も増えましたので、今夜あたりLINEしてみようかな。

 

ええ格好しいを直したい

私の会社には、「チームを移籍する前は、1〜2週間くらい有休をとる」みたいな暗黙のルールがあります。
(たぶん移籍後は休み取りづらいだろう、ということからだと思います)

 

ただ、私は移籍交渉をするときに「有休は取るつもりないです」と言ってしまったがために、移籍までほぼ休み無しです。
(1日2日程度はとりますが)

 

他チームの人たちには
「なんで取らんの?」
「もう長い休みを取る機会もそんなにないんちゃうん?」
と言われます。
そのとおりだなぁと思います。(笑)

 

ではなぜ私は「取るつもりないです」と言ってしまったんだろう?

 

大きな理由に、移籍の後ろめたさがあると思います。
ちょうど3月はチームの繁忙期で、そこで抜けるのは大層な迷惑だろうなぁと勝手に気を使った、というもの。

 

ただ、かつてはみんな、そんな状況でも休みは取っていたわけで、私だけ気を使うのもおかしな話です。
結局、言い訳を、なんとか探して語っているようなものですよね。

 

最終的に行き着いた結論。
それは「私がええ格好しいである」ということでした。

 

そもそも、チームメンバーにええ格好したい、と思っているようです。
(他人事の目線で語ってますが)
嫌われるのも嫌なのかな。

 

それを素直に認めて笑いのネタにでもできていれば、「やっぱり休みます」みたいな展開もあったんでしょうが、誠実さや真面目さを理由にしたがために、もう休みを取る機会は永遠に失われました(笑)。

 

やりたいことや用事はなかったものの、やはり「もったいないなぁ」とは思います。
特に、現チームの上司が、私にガンガン仕事を振ってくることに腹を立てている自分がいて、「あぁ、自分は『居てあげている』と思ってるのね」と痛感させられます。

 

やっぱり素直が一番ですね。


「ええ格好しい」は私が幼い頃からの癖なので、脱するのは難しいかもですが、それをしっかり自覚した良い機会でした。

これから、そして次のチームではもっと自分の素を出そう、ええ格好しいを少しでも直そう、と思った次第でした。

 

ではでは。良い週末を。

ロックにはお気をつけて

ここでの「ロック」は「Lock」、鍵のロックです。

 

現在、担当者がExcelのパスワードを失念してしまったために、ツールを使って解析しています。
ものすご~く時間かかってます(笑)

 

そもそも、アクセス権で制御されたファイルサーバーに格納しているのに、さらに個別パスワードロックとか・・・意味無さすぎ。
いつかこういうことが起きると思っていましたww

 

取りあえず、うまく行ったらソフトをご紹介しますね。

誰にでも一度はあることかもしれないので。

(^ ^)

 

追伸:ダメでした(笑) 

人間にも応用可能です

 昨日、はせさんに私のブログを取り上げていただいた中で、そうそう!と思ったのがこちら。

 

「猫ってそういうもんだよね」と思える寛容さ、大切ですよね。わたしは飼いはじめてからしばらくして「あ、猫ってこういうもんだから仕方ないんだな」と気づいたんですが、それに気づいてからは、一緒に暮らすのがすごく楽になりました。それってひいては「他者と生活を共にする」ことのキモなんじゃないか、とも思っています。

今週のお返事です - インターネットの備忘録

 

今日はまさにこんなことが起きました。

 

他部署の後輩から相談があったのです。

上司が有休を取るのに、細かい理由まで聞いてくる。理由によってはダメと言われるかもと思うと嫌でたまらない、というものでした。

 

その上司は私も同じチームにいたことがあるので、よく知っています。

とにかく寂しがり屋で、知りたがりなのです。

あなたと仲良くしたい、そのためにいろんなことを教えてほしい。

そんなタイプでした。

おそらく知りたいだけで、有休取得をダメとは言わないはずだと思った私は、それをそのまま後輩に話しました。

 

後輩は意外そうな顔で「そんな人もいるんですね」というので、私は「あの人はそういう人だから仕方ないんだな、って思うと良いよ」と、はせさんの記事とそっくりなことを話していました(笑)。

 

嫌なことは嫌だと主張することは必要ですし、それが仲良くなるきっかけにもなるので私は積極的に主張することはオススメします。

ただ、上司も人の子、聖人君子や完全無欠ではないですよね。

むしろ、かわいそうな性格や変な特徴を持ってたりします。

 

そんなこともあり得るんだと知っておいて、許してあげるか!くらいの心持ちがあれば、きっと関係は好転していく気がします。

 

方法や考える切り口は、一つだけではないということですね。

ただ、くれぐれも無理はなさらず。

人生はあっという間。嫌なことを我慢する時間的余裕なんて無いと、私は思います。

優しさが身に染みる

はせ (id:hase0831) さんにブログで取り上げていただきました。

ありがとうございます。(^ ^)

 

hase0831.hatenablog.jp

 

はせさんのこの優しさが身に染みます。

ひいてはリアクションを返された相手が「書くのって楽しいな〜」って改めて思って、旺盛に書き始めてくれたらいいなと、

今週のお返事です - インターネットの備忘録

 

確かに書き続けることはすごく大変ですよね。

私は育児ブログも過去に持っていました。

子供は日々成長しますし、変化も大きいので、記事を書き続けやすかったりします。

「今日、こんな面白いことを言ったよ」

「こんなことができるようになったね」

などなど。

あとは、「後日、子供が大きくなったら読んでもらいたい」というモチベーションもあるので、結構続けられるんですよね。

 

それが、自分の思うこと、感じたことを書くこのブログを始めた途端、なかなか筆が進まない。

変化が少ないですもん、子供に比べれば。

しかも私のようにエンジニア的な仕事してると、そんなにドラマは起きませんから。

日々淡々と過ぎていきます。

 

ただ、はせさんがこうやって取り上げてくれたり、こー (id:koh0605) さんのように共感してくれた方からコメントをいただいたりすると、自分自身を肯定できるというか、自分が好きになれるというか、とにかくうれしいんですよね。

 

というわけで、これからも楽しい話題を書いていきたいと思います。

これからもよろしくです。

 

追伸

チーム移籍まであとひと月。

現チームのメンバーを支えつつ、しっかり引き継ぎしたいと思います。

とにかく忙しい!!ww

ただいま読書中

 いま、久しぶりに面白い本と出会っています。

 

ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える

ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える

 

 

グーグルの採用や育成、評価を書いた本ですが、なによりも性善説に則って会社が運営されている驚き!!

性善説で接するのが一番!というか大前提としたいところなんですが、なかなかできるものじゃないですよね。すごい。

 

読み終わったら感想書きます。

とにかく面白くて、時間が足りない!

うちの猫だってかわいい(定期ポスト)

はせ (id:hase0831) さんの猫さま、可愛かった…(≧∀≦)

 

hase0831.hatenablog.jp

 

2月22日の猫の日、ヒマがなくて書けなかったので、猫の話を一席。

 

我が家には、もうすぐ2歳の猫がいます。

写真をお出しできないのは残念ですが、キジシロのメスです。

 

この猫のトメ(仮名)、実は殺処分寸前でした。

捨て猫として保護され、保護した方もすでに数匹飼っていらしたため、SNSで飼い主を求め、それに応じたのでした。

 

引き取ったときには警戒心も強くて、カーテン(価格が高いレースの方!)もさっそくビリビリにし、夜中はリビングで騒ぎまくる感じ。

でも「猫ってそういうもんだよね」と家族みんなが暖かく接したおかげか、性格が穏やかになり、今では四六時中寝ています(笑)。

 

そんな経緯をみているためか、息子は早々に「俺、獣医になる」と決意し、娘も「んじゃ私は勉強苦手だから、殺処分撲滅運動するNPOでいいや」みたいな将来像を描いているようです。(「でいいや」ってなんだ(怒))

 

私も心の底から癒やされている感じがします。

風邪のときには、なぜかずっと寄り添って寝てくれます。

頭痛のときは分かるのか、額を舐めてくれたりします。

撫でてほしいときは盛大に頭突きしてきますし、モフモフしてもらいたいときは回転しながら近づいてきます。

 

まったく飼うことは想定していなくて、でもSNSを見たときに「これは引き取らなきゃ男じゃないでしょ!」みたいな気持ちに突然なったのは、きっと縁があったからでしょうね。

ペットとも魂の繋がりはあるといいますから。

 

トメの取り柄は、なんといっても丈夫なところ。

風邪一つ、ひいたことがありません。

丈夫なまま、末永く家族に寄り添ってほしいと思います。

 

今回はここまで。